任意売却を行って残債を減らすには頼れる不動産会社に相談!

サイトマップ
家の屋根

任意売却の平均は市場取引価格の7割程度

スーツの男性

不動産ローンの精算を目的に行われるのが任意整理です。売却価格が伸び悩む競売よりも高額売却が期待できる任意売却ですが、必ずしも高く売れるという保証はありません。安く買い叩かれることが多い競売と比較すれば有利ですが、任意売却の平均は市場取引価格の7割程度で、約3割程度安くなってしまうのは覚悟する必要があります。
任意売却で価格が低くなる原因のひとつが期限の問題です。任意売却は売却金額を持って住宅ローンの精算を行うために行われますが、指定された日時までに不動産を処分する必要があるため高額で購入してくれる人が見つかるまで待つことはできません。期限ギリギリになっても購入希望者が見つからなければ大幅値引きしてでも売却せざるをえず、不動産需要が低いシーズンだと欠いてが見つからず不動産業者に安値で売る事になってしまうケースは少なくありません。
少しでも有利な条件で任意売却を成立させたいなら最初の段階で任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。手数料を支払ったとしても専門業者に間に入ってもらったほうが有利な条件で売却できる可能性は高く、負担は決してムダではありません。期限ギリギリになってから相談しても対処の仕様がないと断られる可能性があるので、早めに相談することが重要です。

更新情報

TOP