任意売却を行って残債を減らすには頼れる不動産会社に相談!

サイトマップ
家の屋根

行き詰まった住宅ローンの整理を目的として行われる任意売却

電卓

任意売却とは住宅ローンの支払いに行き詰まってしまい返済が難しくなったときに、債務者であるローン利用者と債権者との話し合いによる合意に基づいて行われる不動産売却手続きのことです。
一般的な住宅ローンではローンを借りる段階で購入する不動産物件に抵当権が設定されます。返済に問題が生じたときは抵当権を利用して物件を強制的に売却しその売却金額を持ってローンの精算が行われるのですが、競売には売却金額が低くなりやすいという特徴があるため十分に不足分を弁済できないケースがあります。
売却金額を高くしたいときに用いられるのが任意売却です。任意売却はローン生産のために物件が処分されるという点は同じですが、競売という強制力を伴う手続きを必要とせず通常の不動産取引と同じ手続きでの売却を目差うという点に違いがあります。成功すれば相場に近い価格で売却できるのでローンを返済する側も回収をめざす債権者側にもメリットのある方法です。
1円でも高く売りたいのならは任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。売却期限や不動産需要などなにかと問題の多い任意売却において専門知識は欠かせません。不動産業者と協力することで物件売却がスムーズに進みます。

更新情報

TOP