任意売却を行って残債を減らすには頼れる不動産会社に相談!

サイトマップ
家の屋根

任意売却で残った債務にも返済義務が生じる

一軒家

住宅ローンの返済ができなくなってしまったときに任意で物件を売却してローンを返済するのが任意売却です。安く買い叩かれることが多い競売に比べると任意売却は市場価格に近い売却価格が期待できるので、債務整理はスムーズに進みます。
しかし、任意売却が成立したからといって安心はできません。住宅ローンの残高よりも任意売却の売却価格が低いとk、差額分は残債として返済義務が生じてしまいます。住宅ローンの残高が3000万円で任意売却の売却価格が2800万円だったとすると差額の200万円が借金として残り返済する義務が発生します。
残債に関しては無理なく返済できるよう毎月の返済額や返済期限は調整されるので底まで不安を感じる必要はありませんが、住宅を失ったのに借金だけ残るのではやりきれない思いを抱いてしまいます。せめてローンが帳消しになる金額で売却したいところです。
残債を少なくしたいなら任意売却専門の不動産会社へ相談して手続きを進めましょう。任意売却専門の不動産会社は売却価格の設定や購入希望者探し、書類作成のアドバイスまで任意売却のあらゆる面でサポートしてくれる頼もしいパートナーです。残債をできる限り減らすようギリギリまで努力してくれるので、ローン破綻がその後の生活に及ぼす影響を最小限におさえられます。

更新情報

TOP