任意売却を行って残債を減らすには頼れる不動産会社に相談!

サイトマップ
家の屋根

任意売却の残債は交渉次第で減額できる可能性がある

家と家族のシルエット

任意売却で得られた売却金額をローン残高の返済に当てても完済できない場合、不足分は残債として返済義務が発生します。対象となる物件の購入価格が高額であるほど任意売却との価格差は大きくなりやすく、不動産相場の急変とぶつかってしまうと任意売却で物件は手放したのに低い価格でしか売れず数千万円の債務だけが残った、というケースもあり任意売却が成立したからといって安心はできません。
任意売却でも返済しきれなかった残債はその後数年かけて完済していくことになります。基本的には生活に影響を与えない範囲に毎月の返済金は設定され、返済期限も猶予を持って設定されるのでまじめに働いてコツコツ返済していけば大きな問題にはなりません。
残債があまりにも高額の場合は交渉次第で減額できる可能性があります。残債がとても返済が追いつかないほど高額すぎる場合は自己破産で債務が帳消しになることを回避するために無理なく返済できる金額までの借金圧縮に債権者が合意してくれる可能性があります。借金減額の交渉を成功させるには弁護士など専門家の協力が必要不可欠です。売却段階から任意売却専門の不動産会社へ相談し、最終的な返済負担現象に向けて計画的に話し合いを進めてください。

更新情報

TOP